患者さん:私のような者は生きていても迷惑をかけるばかりで…

治療者:まあ,歳をとってくるとそのような悲観的な気持ちになるよね…体も心も衰えてくるし,息子や娘たちも自分の仕事や家庭があるからなかなか話し相手にはなってくれないし,孫たちも小学校や中学校に入ればお小遣いをあげるとき以外は寄り付かなくなるしね,自分のような人間は本当にこの世には要らないってように感じるでしょうね…よくわかります.
ところでね,あなたは「臍の緒」というのは今でも子供たちに繋がっているということをご存知ですか? 

患者さん:(驚いた様子で)え~? 

治療者:身体的な臍の緒というのはたしかに生まれると直ぐに切られてしまいますが,心理的な「臍の緒」というのがあって,この臍の緒はあなたと子供たちが生きている間はずっと繋がっているといわれているのです.
そして,この「臍の緒」を通して,これから先も息子や娘たちが大人として人生の荒波のなかを生きている間に生じた様々な心理的老廃物を引き受けてやり,また同時に心理的栄養を与え続けてやっていくのです.
だから,あなたは彼らに何もしてやれなくともいいのです,また少しぐらい迷惑をかけてもいいのです.あなたは生きているというだけで十分に存在の価値があるわけで役に立っているのですよ.
 昔のお年寄りというはこのことを無意識的に感じていたから,何もできなくても多少の迷惑をかけたとしても全然威張って生きていくことができたのです.しかし,最近のお年寄りというのはこの心理的臍の緒という真理を知らずに自信をなくしているのです.だからこのことはよく知っておいてくださいね.

患者さん:(目に涙を浮かべて頷く)…

治療者:あと,このこと(心理的臍の緒が繋がっていること)の証拠をいっておきますね.よろしいですか,それは将来あなたがあの世に逝かれるときにですね,生きている間は話し相手にもならずどんなに突慳貪な対応をしていた息子や娘であってもかならずその時は大粒の涙を流すことになるのです.それが心理的臍の緒が切れたという証しなんですよ…

患者さん:(納得された様子で頷く)…

患者さん:私のような者は生きていても迷惑をかけるばかりで…

治療者:まあ,歳をとってくるとそのような悲観的な気持ちになるよね…体も心も衰えてくるし,息子や娘たちも自分の仕事や家庭があるからなかなか話し相手にはなってくれないし,孫たちも小学校や中学校に入ればお小遣いをあげるとき以外は寄り付かなくなるしね,自分のような人間は本当にこの世には要らないってように感じるでしょうね…よくわかります.
ところでね,あなたは「臍の緒」というのは今でも子供たちに繋がっているということをご存知ですか? 

患者さん:(驚いた様子で)え~? 

治療者:身体的な臍の緒というのはたしかに生まれると直ぐに切られてしまいますが,心理的な「臍の緒」というのがあって,この臍の緒はあなたと子供たちが生きている間はずっと繋がっているといわれているのです.
そして,この「臍の緒」を通して,これから先も息子や娘たちが大人として人生の荒波のなかを生きている間に生じた様々な心理的老廃物を引き受けてやり,また同時に心理的栄養を与え続けてやっていくのです.
だから,あなたは彼らに何もしてやれなくともいいのです,また少しぐらい迷惑をかけてもいいのです.あなたは生きているというだけで十分に存在の価値があるわけで役に立っているのですよ.
 昔のお年寄りというはこのことを無意識的に感じていたから,何もできなくても多少の迷惑をかけたとしても全然威張って生きていくことができたのです.しかし,最近のお年寄りというのはこの心理的臍の緒という真理を知らずに自信をなくしているのです.だからこのことはよく知っておいてくださいね.

患者さん:(目に涙を浮かべて頷く)…

治療者:あと,このこと(心理的臍の緒が繋がっていること)の証拠をいっておきますね.よろしいですか,それは将来あなたがあの世に逝かれるときにですね,生きている間は話し相手にもならずどんなに突慳貪な対応をしていた息子や娘であってもかならずその時は大粒の涙を流すことになるのです.それが心理的臍の緒が切れたという証しなんですよ…

患者さん:(納得された様子で頷く)…

患者さん:私のような者は生きていても迷惑をかけるばかりで…

治療者:まあ,歳をとってくるとそのような悲観的な気持ちになるよね…体も心も衰えてくるし,息子や娘たちも自分の仕事や家庭があるからなかなか話し相手にはなってくれないし,孫たちも小学校や中学校に入ればお小遣いをあげるとき以外は寄り付かなくなるしね,自分のような人間は本当にこの世には要らないってように感じるでしょうね…よくわかります.
ところでね,あなたは「臍の緒」というのは今でも子供たちに繋がっているということをご存知ですか? 

患者さん:(驚いた様子で)え~? 

治療者:身体的な臍の緒というのはたしかに生まれると直ぐに切られてしまいますが,心理的な「臍の緒」というのがあって,この臍の緒はあなたと子供たちが生きている間はずっと繋がっているといわれているのです.
そして,この「臍の緒」を通して,これから先も息子や娘たちが大人として人生の荒波のなかを生きている間に生じた様々な心理的老廃物を引き受けてやり,また同時に心理的栄養を与え続けてやっていくのです.
だから,あなたは彼らに何もしてやれなくともいいのです,また少しぐらい迷惑をかけてもいいのです.あなたは生きているというだけで十分に存在の価値があるわけで役に立っているのですよ.
 昔のお年寄りというはこのことを無意識的に感じていたから,何もできなくても多少の迷惑をかけたとしても全然威張って生きていくことができたのです.しかし,最近のお年寄りというのはこの心理的臍の緒という真理を知らずに自信をなくしているのです.だからこのことはよく知っておいてくださいね.

患者さん:(目に涙を浮かべて頷く)…

治療者:あと,このこと(心理的臍の緒が繋がっていること)の証拠をいっておきますね.よろしいですか,それは将来あなたがあの世に逝かれるときにですね,生きている間は話し相手にもならずどんなに突慳貪な対応をしていた息子や娘であってもかならずその時は大粒の涙を流すことになるのです.それが心理的臍の緒が切れたという証しなんですよ…

患者さん:(納得された様子で頷く)…

患者さん:わたしのような歳になると,ひとに迷惑をかけるばかりで,何もしてやることはできないのです. 

治療者:そうやね,そう思うのも無理ないことやわね.歳をとってくると,体も心も衰えていろんな障害や機能低下が出てくるから,ひとに迷惑をかけたり,いろいろとやってもらわねばならないことが多くなるわね…よくわかります.
でもね,たしかにそうなんですけど,ほんとうはそうでもないということをご存じですか?

患者さん:(怪訝な顔で)…ええ?

治療者:たとえば人間というのは極端な場合,全く寝たきりになって身動きができなくなったとしても,「してもらう人生」ではなく「してあげる人生」を生き続けることができることをご存じですか?

患者さん:(顔を横に振りながら)いいえ…

治療者:いいですか,人間というのは全く寝たきりになって身動きができなくなったとしても,笑顔は与え続けることができるんです,「ありがとう」と感謝の言葉をかけてあげることはできるんですよ.
 このような笑顔や言葉掛けは,ひょっとしたら,物をあげるとか,何かをしてあげるとかいったような物質的身体的な行為よりも,もっともっと大切な素晴らしい行為であるかもしれないのです.
だから,どれだけ歳をとって「ヨボヨボ」,「シワシワ」になったとしても,あなた次第で「してもらう人生」をわびしく生きるのではなく,「してあげる人生」をいきいきと生きていくことができるのですよ.

患者さん:(そうなのかといった納得した感じで頷く)…

患者さん:わたしのような歳になると,ひとに迷惑をかけるばかりで,何もしてやることはできないのです. 

治療者:そうやね,そう思うのも無理ないことやわね.歳をとってくると,体も心も衰えていろんな障害や機能低下が出てくるから,ひとに迷惑をかけたり,いろいろとやってもらわねばならないことが多くなるわね…よくわかります.
でもね,たしかにそうなんですけど,ほんとうはそうでもないということをご存じですか?

患者さん:(怪訝な顔で)…ええ?

治療者:たとえば人間というのは極端な場合,全く寝たきりになって身動きができなくなったとしても,「してもらう人生」ではなく「してあげる人生」を生き続けることができることをご存じですか?

患者さん:(顔を横に振りながら)いいえ…

治療者:いいですか,人間というのは全く寝たきりになって身動きができなくなったとしても,笑顔は与え続けることができるんです,「ありがとう」と感謝の言葉をかけてあげることはできるんですよ.
 このような笑顔や言葉掛けは,ひょっとしたら,物をあげるとか,何かをしてあげるとかいったような物質的身体的な行為よりも,もっともっと大切な素晴らしい行為であるかもしれないのです.
だから,どれだけ歳をとって「ヨボヨボ」,「シワシワ」になったとしても,あなた次第で「してもらう人生」をわびしく生きるのではなく,「してあげる人生」をいきいきと生きていくことができるのですよ.

患者さん:(そうなのかといった納得した感じで頷く)…

患者さん:わたしのような歳になると,ひとに迷惑をかけるばかりで,何もしてやることはできないのです. 

治療者:そうやね,そう思うのも無理ないことやわね.歳をとってくると,体も心も衰えていろんな障害や機能低下が出てくるから,ひとに迷惑をかけたり,いろいろとやってもらわねばならないことが多くなるわね…よくわかります.
でもね,たしかにそうなんですけど,ほんとうはそうでもないということをご存じですか?

患者さん:(怪訝な顔で)…ええ?

治療者:たとえば人間というのは極端な場合,全く寝たきりになって身動きができなくなったとしても,「してもらう人生」ではなく「してあげる人生」を生き続けることができることをご存じですか?

患者さん:(顔を横に振りながら)いいえ…

治療者:いいですか,人間というのは全く寝たきりになって身動きができなくなったとしても,笑顔は与え続けることができるんです,「ありがとう」と感謝の言葉をかけてあげることはできるんですよ.
 このような笑顔や言葉掛けは,ひょっとしたら,物をあげるとか,何かをしてあげるとかいったような物質的身体的な行為よりも,もっともっと大切な素晴らしい行為であるかもしれないのです.
だから,どれだけ歳をとって「ヨボヨボ」,「シワシワ」になったとしても,あなた次第で「してもらう人生」をわびしく生きるのではなく,「してあげる人生」をいきいきと生きていくことができるのですよ.

患者さん:(そうなのかといった納得した感じで頷く)…

家族:もう一日中,このような症状の訴えをされると,こちらがノイローゼになってしまいます…

治療者:そうでしょうね,ほんとノイローゼになるね.わたしのような治療者は数週間に一度30分程度症状を聞いていればいいわけですけど,ご家族は毎日毎日このような訴えを1日中ずっと聞くわけやから,ほんとうにしんどいことやわね.よくわかります.
ただね,このような大変な訴えにも良い意味があるということを知っていますか?

家族:(怪訝な顔で)いいえ!…

治療者:いいですか,このような「症状がつらい,つらい」という訴えは、「私はまだまだ元気で生きていきますよ」というように理解することもできるのです.「まだまだ元気で生きていきますよ」って言っているのですよ.だから,そのように翻訳して聞くようにすれば,気持ち的には少しは楽になるかもしれません.どうですか…?

家族:(目から鱗といった感じで笑顔)…

治療者:そしてね,このような症状で悩んでいるひとというのは,ありがたいことにあの世からのお迎えは当分来ないと考えてよいでしょう.というのは,このような症状が強いというのはよりよく生きたいという念いが非常に強いということですから生命活力が旺盛ということになり,このようなひとは重い病気罹ることは少ないし,罹っても重症になりにくいし治りやすいともいわれているのです.
譬えで言えば,重い病気という火山があって,地下でマグマが沸騰し今にも噴火が起こりそうになっている,そして噴火が起これば重い病気になる,そういったことを想像してください.しかしその火山の裾野ではマグマのガスがプシュプシュと抜けている,そうするとガス抜きができているわけですから噴火は起こりにくくなる,このようなガス発散が難儀な症状ということです.わかりますか?

家族:(少しほっとした感じで目が潤みながら頷く)はい…

家族:もう一日中,このような症状の訴えをされると,こちらがノイローゼになってしまいます…

治療者:そうでしょうね,ほんとノイローゼになるね.わたしのような治療者は数週間に一度30分程度症状を聞いていればいいわけですけど,ご家族は毎日毎日このような訴えを1日中ずっと聞くわけやから,ほんとうにしんどいことやわね.よくわかります.
ただね,このような大変な訴えにも良い意味があるということを知っていますか?

家族:(怪訝な顔で)いいえ!…

治療者:いいですか,このような「症状がつらい,つらい」という訴えは、「私はまだまだ元気で生きていきますよ」というように理解することもできるのです.「まだまだ元気で生きていきますよ」って言っているのですよ.だから,そのように翻訳して聞くようにすれば,気持ち的には少しは楽になるかもしれません.どうですか…?

家族:(目から鱗といった感じで笑顔)…

治療者:そしてね,このような症状で悩んでいるひとというのは,ありがたいことにあの世からのお迎えは当分来ないと考えてよいでしょう.というのは,このような症状が強いというのはよりよく生きたいという念いが非常に強いということですから生命活力が旺盛ということになり,このようなひとは重い病気罹ることは少ないし,罹っても重症になりにくいし治りやすいともいわれているのです.
譬えで言えば,重い病気という火山があって,地下でマグマが沸騰し今にも噴火が起こりそうになっている,そして噴火が起これば重い病気になる,そういったことを想像してください.しかしその火山の裾野ではマグマのガスがプシュプシュと抜けている,そうするとガス抜きができているわけですから噴火は起こりにくくなる,このようなガス発散が難儀な症状ということです.わかりますか?

家族:(少しほっとした感じで目が潤みながら頷く)はい…

家族:もう一日中,このような症状の訴えをされると,こちらがノイローゼになってしまいます…

治療者:そうでしょうね,ほんとノイローゼになるね.わたしのような治療者は数週間に一度30分程度症状を聞いていればいいわけですけど,ご家族は毎日毎日このような訴えを1日中ずっと聞くわけやから,ほんとうにしんどいことやわね.よくわかります.
ただね,このような大変な訴えにも良い意味があるということを知っていますか?

家族:(怪訝な顔で)いいえ!…

治療者:いいですか,このような「症状がつらい,つらい」という訴えは、「私はまだまだ元気で生きていきますよ」というように理解することもできるのです.「まだまだ元気で生きていきますよ」って言っているのですよ.だから,そのように翻訳して聞くようにすれば,気持ち的には少しは楽になるかもしれません.どうですか…?

家族:(目から鱗といった感じで笑顔)…

治療者:そしてね,このような症状で悩んでいるひとというのは,ありがたいことにあの世からのお迎えは当分来ないと考えてよいでしょう.というのは,このような症状が強いというのはよりよく生きたいという念いが非常に強いということですから生命活力が旺盛ということになり,このようなひとは重い病気罹ることは少ないし,罹っても重症になりにくいし治りやすいともいわれているのです.
譬えで言えば,重い病気という火山があって,地下でマグマが沸騰し今にも噴火が起こりそうになっている,そして噴火が起これば重い病気になる,そういったことを想像してください.しかしその火山の裾野ではマグマのガスがプシュプシュと抜けている,そうするとガス抜きができているわけですから噴火は起こりにくくなる,このようなガス発散が難儀な症状ということです.わかりますか?

家族:(少しほっとした感じで目が潤みながら頷く)はい…